トップページ > こどものページ> 本とともだち> 本のしょうかい 

本のしょうかい

 
本とともだち
12345
2024/06/01

6月「くんくん、なんのにおいかな?」

| by 郡上市図書館

タイトルぎょうれつのできるすうぷやさん
出版社教育画劇
作者名ふくざわゆみこ・作
コメントぐうぐう山のくいしんぼうなどうぶつたちが、いいにおいにつられてしらないいえのまえまでやってきました。ちびすけのハリネズミくんが、中へはいっていくと…。

タイトルいいにおいのおならをうるおとこ
出版社ロクリン社
作者名ジル・ビズエルヌ・文 ブルーノ・エッツ・絵          ふしみみさを・訳
コメントりょうしんがなくなり、ざいさんをわけることになった、きょうだい。にいさんはおかねやほうせきなどをたくさんもらいましたが、おとうとがもらったのは、おいぼれた犬だけでした。

タイトルあめふり
出版社福音館書店
作者名さとうわきこ・作・絵
コメントまいにちあめがふるので、おこったばばばあちゃんは、だんろやストーブに、コショウなどをいれて、からいけむりをつくりました。すると、そらではかみなりたちが…。

タイトルチョコレート屋のねこ
出版社ほるぷ出版
作者名スー・ステイントン・文 アン・モーティマー・絵        中川千尋・訳
コメントチョコレートやにおじいさんとネコがすんでいました。ある日、おじいさんがつくったチョコレートねずみをかじったネコは、おいしさをつたえたくてみせをとびだし…。

タイトルふんふんなんだかいいにおい
出版社こぐま社
作者名西巻茅子・絵・文
コメントのはらにはなをつみにいこうと、大いそぎであさごはんをたべたさっちゃん。手はジャムでベタベタ、エプロンからもあさごはんのいいにおいがします。すると…。

タイトルおふろだいすき
出版社福音館書店
作者名松岡享子・作 林明子・絵
コメントぼくは、いつもアヒルのプッカとおふろに入ります。ぼくがからだをあらっていると、ざあーっとゆぶねからカメがあらわれました。ペンギンやカバなどもあらわれ…。

08:00
2024/05/01

5月「みんなでいっしょに」

| by 郡上市図書館

タイトル14ひきのぴくにっく
出版社童心社
作者名いわむらかずお・作
コメント「きょうはなんていいてんき。みんなで、はるののはらへでかけよう。」14ひきたちは、おべんとうとすいとうをもってしゅっぱつです。もりをぬけ、つくしのみちをあるいて、おがわをわたり…。

タイトルなんのぎょうれつ?
出版社ポプラ社
作者名オームラトモコ・作
コメントわくわくやうきうきが大すきなみなさま、このぎょうれつにおならびくださ~い!たくさんのどうぶつたちがならんでいるぎょうれつのさきには、なにがまっているのかな?

タイトルおなべおなべにえたかな?
出版社福音館書店
作者名こいでやすこ・作
コメントキツネのきっことリスたちは、山むこうのおおばあちゃんのいえへいきました。でかけるおおばあちゃんのかわりに、きっこたちがおなべのばんをしますが…。

タイトルほんとさいこうの日
出版社BL出版
作者名レイン・スミス・作 青山南・訳
コメントお日さまがぽかぽかあったかい。ネコはねころがり、イヌは水あび、トリはエサをもらって…。みんなきょうは、ほんとさいこうの日!ところがそこに…。

タイトルはるのくさばなあそび
出版社ひさかたチャイルド
作者名佐野高太郎・写真
コメントはるはかわいい草花がいっぱい。レンゲをみつけたら、花のかんむり!フキのはっぱとタケノコのかわで、おばけにへんしん!ほかにはどんなあそびができるかな?

タイトルとらねこさんおはいんなさい。
出版社偕成社
作者名山脇恭・作 小田桐昭・絵
コメントのはらでなわとびをしていた、とらくんとくろくん。そこにシャムちゃんがやってきて、なわとびにむりやりはいってきたので、とらくんは、おこりだして…。

09:00
2024/04/01

4月「はじまるよ わくわく、どきどき」

| by 郡上市図書館

タイトルぐるんぱのようちえん
出版社福音館書店
作者名西内ミナミ・作 堀内誠一・絵
コメントぐるんぱは、ひとりぼっちのゾウです。いろいろなしごとをしますが、つくるものが大きすぎてしっぱいばかり。そんなとき、子どもたちのせわをたのまれた、ぐるんぱは…。

タイトル1ねん1くみの1にち
出版社アリス館
作者名川島敏生・写真・文
コメント小学校はどんなところかな?見てみましょう。あさの会がはじまりました。こくごやさんすうなどのじゅぎょう、休みじかんやきゅうしょく…。1年生の1日をしゃしんでしょうかいします。

タイトルあめふりあっくん
出版社佼成出版社
作者名浜田桂子・著
コメントほいくえんのあさ、あっくんはママといっしょにいたくてないています。お友だちがなみだをふいてくれますが、なきやみません。そのとき、あめがふってきました。

タイトルらんらんランドセル
出版社めくるむ
作者名モリナガヨウ・著
コメント日本だけにしかないランドセル。ランドセルは、どうやって作るんだろう?きじが作られるところから、ランドセルのかたちになるまでをしょうかいします。

タイトルコッコさんのともだち
出版社福音館書店
作者名片山健・作・絵
コメントコッコさんはほいくえんで、ひとりぼっち。みんなとあそべません。ある日せんせいが「ふたりずつ手をつなぎましょう」といいました。コッコさんがこまっていると…。

タイトル学校が大好きアクバルくん
出版社アリス館
作者名長倉洋海・著
コメントぼくは、アクバル。アフガニスタンの山の中にある学校の1年生。みんなとこくごやさんすう、コーランのじゅぎょうをうけます。アクバルの1日をしょうかいします。

09:00
2024/03/01

3月「きもち」

| by 郡上市図書館

タイトルないた
出版社金の星社
作者名中川ひろたか・作 長新太・絵
コメントぼくは、一日一回なきます。ころんだり、けんかしたり、しかられたとき、なきます。ぼくは、よくなくのに、おとなはどうしてなかないんだろう?

タイトルびんからだしてごらん
出版社光村教育図書
作者名デボラ・マルセロ・作 なかがわちひろ・訳
コメントうさぎのルウェリンは、いろいろなきもちをびんにいれてちかしつにしまいました。そうすれば、いやなおもいをすることがないからです。ところが、ある日…。

タイトルきつねのおきゃくさま
出版社サンリード
作者名あまんきみこ・文 二俣英五郎・絵
コメントキツネはやせたヒヨコをふとらせてからたべようとかんがえ、おせわをしました。ヒヨコに「やさしいおにいちゃん」といわれたキツネは、うれしくなって…。

タイトルムカムカドッカーン!
出版社パイインターナショナル
作者名ミレイユ・ダランセ・作 ふしみみさを・訳
コメント一日、いやなことばかりだったロベール。へやにとじこもると、口から大きくてあかいかたまりがとびだした。かたまりはいろいろなものをなげて、大あばれ!

タイトルずーっとずっとだいすきだよ
出版社評論社
作者名ハンス・ウィルヘルム・絵・文 久山太市・訳
コメントぼくといぬのエルフィーは、いっしょに大きくなった。ぼくのせがのびるにつれ、エルフィーはだんだんとしをとり、そしてあるあさ…。

タイトルともだちくるかな
出版社偕成社
作者名内田麟太郎・作 降矢なな・絵
コメントきょうはオオカミのたんじょう日。おいわいにやってくるはずの、だれかさんをまちながら、へやのそうじをします。ところがよるになっても、だれもきません。

09:00
2024/02/01

2月「きたり はいたり かぶったり」

| by 郡上市図書館

タイトルイエペはぼうしがだいすき
出版社文化出版局
作者名石亀恭郎・写真 文化出版局編集部・文
コメントイエペは3さいのおとこの子。ぼうしを100こももっていて、おきにいりはちゃいろのぼうしです。あそぶときも、ねむるときも、いつでも大すきなぼうしといっしょです。

タイトルペレのあたらしいふく
出版社福音館書店
作者名エルサ・ベスコフ・作・絵 おのでらゆりこ・訳
コメントペレは子ひつじを1ぴきもっていました。からだが大きくなり、うわぎが小さくなってしまったペレは、ひつじのけをかりとり、ふくにしようとおもいつきました。

タイトルおにたのぼうし
出版社ポプラ社
作者名あまんきみこ・文 いわさきちひろ・絵
コメントせつぶんのよる、オニの子おにたは、ぼうしでツノをかくしまちにでかけました。まちでいっけんだけ、まめまきをしていない家をみつけたおにたが、こっそり中にはいると…。

タイトルわたしのワンピース
出版社こぐま社
作者名にしまきかやこ・文・絵
コメントそらからおちてきたまっ白いぬので、うさぎさんがワンピースをつくりました。それをきてお花ばたけをとおるとワンピースが花もように。雨がふるとワンピースは…。

タイトルおさるとぼうしうり
出版社福音館書店
作者名エズフィール・スロボドキーナ・作・絵         まつおかきょうこ・訳
コメントむかし、しなものをあたまにのせてうりあるくぼうしうりがいました。ある日、大きな木の下でひとやすみ。目をさますと、うりもののぼうしがありません。木の上のおさるにとられてしまったようです。

タイトルせかいでさいしょにズボンをはいた女の子
出版社光村教育図書
作者名キース・ネグレー・作 石井睦美・訳
コメントちょっとむかし、女の子がきることができたのはドレスだけで、ズボンをはいちゃいけなかったのです。そんなことはおかしいとおもっていたメアリーは…。

09:00
2023/12/28

1月「お正月」

| by 郡上市図書館

タイトル20ぴきのおしょうがつ
出版社ひかりのくに
作者名たしろちさと・作・絵
コメントもうすぐおしょうがつ。どこの家も、おしょうがつのじゅんびに大いそがし。ゆか下のネズミの家は、20ぴきの大かぞく。ネズミたちも大そうじをしています。そうじがおわると…。

タイトル十二支のおもちつき
出版社童心社
作者名すとうあさえ・作 早川純子・絵
コメントおじいさんとおばあさんは、おなかをすかせてやってきたネズミに、もちつきにつかうおこめをわけてあげました。つぎの日、もちつきのじゅんびをしていると…。

タイトルはつゆめちょうじゃ
出版社フレーベル館
作者名こわせたまみ・文 村上豊・絵
コメントおしょうがつの二日のばんにみたゆめは、はつゆめといって、だれにもはなさなかったら、いつかそのとおりになるといわれています。あるむらの、こぞうさんがみたはつゆめとは…?

タイトルほしになったりゅうのきば
出版社福音館書店
作者名君島久子・再話 赤羽末吉・画
コメントあるむらで、じいさまとばあさまのもとへやってきた、げんきな男のあかちゃんは、サンと名づけられました。あるとき、りゅうのケンカで天がさけてしまい…。

タイトルみかんのひみつ
出版社ひさかたチャイルド
作者名鈴木伸一・監修 岩間史朗・写真・撮影
コメントふゆにおいしいみかん。かわをむいて、かわをむいて、またかわをむくと中には、小さな小さなつぶがいっぱい。おいしいみかんを、めしあがれ!

タイトルだるまちゃんとだいこくちゃん
出版社福音館書店
作者名加古里子・作
コメントだいこくちゃんが、うちでの小づちをふると、いいものがでてきます。うちでの小づちがほしくなっただるまちゃんは、じぶんでつくることにしましたが…。

16:00
2023/12/01

12月「雪がふると」

| by 郡上市図書館

タイトルもりのおくのおちゃかいへ
出版社偕成社
作者名みやこしあきこ・著
コメントキッコちゃんは、おばあちゃんの家にでかけたお父さんのあとをおいかけました。やっとおいついたとおもったらお父さんは、しらない家にはいっていき…。

タイトルゆきだるまのクリスマス!
出版社評論社
作者名キャラリン・ビーナー・文 マーク・ビーナー・絵     せなあいこ・訳
コメントクリスマスイブの日、雪だるまたちがあつまって、ごちそうをたべたり、ダンスをしたり大さわぎ!プレゼントをもった雪だるまサンタもやってきました。

タイトルあかいてぶくろ
出版社小峰書店
作者名林木林・文 岡田千晶・絵
コメントある日、おんなの子は森の中で、右のてぶくろをなくしてしまいます。とおりかかったキツネが、てぶくろをえだにかけておきますが、かぜでとばされてしまい…。

タイトルねんにいちどのおきゃくさま
出版社文溪堂
作者名亀岡亜希子・作・絵
コメントオコジョのタッチィは、山にすんでいるおじいさんのもとへやってくる、ねんにいちどのおきゃくさま、まごのヤーコポとすごすクリスマスが大すきでした。ところが…。

タイトルおかしなゆきふしぎなこおり
出版社ポプラ社
作者名片平孝・写真・文
コメント雪がふったら、そとへでかけよう。雪のぼうしとマフラーをしている、はしのらんかん。水のしぶきがつくった、こおりのシャンデリア。雪とこおりのせかいをしょうかいします。

タイトルてぶくろがいっぱい
出版社偕成社
作者名フローレンス・スロボドキン・文 ルイス・スロボドキン・絵 三原泉・訳
コメントネッドとドニーはふたごです。ある日、ドニーがてぶくろをひとつ、なくしてしまいました。きんじょの人たちが、おちていたてぶくろをとどけてくれますが…。

08:00
2023/11/01

11月「宇宙のふしぎ」

| by 郡上市図書館

タイトルもしきみが月だったら
出版社光村教育図書
作者名ローラ・パーディ・サラス・文 ジェイミー・キム・絵        木坂涼・訳
コメント月ってなにしてるとおもう?夜、お月さまはおんなの子にかたりかけます。もしきみが月だったら、まい日休まず、ちきゅうのまわりをまわるんだよ。もしきみが月だったら…。

タイトルワニくんのふしぎなよる
出版社BL出版
作者名みやざきひろかず・作・絵
コメント夜ぞらを見ていたワニくんの目のまえに、とつぜんうちゅうじんが!れいぞうこの中のものをたべたり、テレビをみたりしてくつろぐうちゅうじん。いつになったらかえるのでしょうか?

タイトルうちゅうはきみのすぐそばに
出版社福音館書店
作者名いわやけいすけ・文 みねおみつ・絵
コメントぼくたちは、空の下でくらしています。空の上にはなにがあるか、しっていますか?うちゅうです。うちゅうはどのくらいとおいばしょなのでしょうか?

タイトルながれぼし
出版社岩崎書店
作者名武田康男・監修・写真 小杉みのり・構成・文
コメントながれぼしは、うちゅうからやってきたほしのかけら。空をすべるみたいに、すーっとながれて、あっというまにきえていく。きえたながれぼしは、どこへいくんだろう?

タイトルもしも宇宙でくらしたら   
  出版社  WAVE出版
作者名山本省三・作 村川恭介・監修
コメントおもさのないうちゅうでは、ベッドやトイレ、りょうりはどうなっているの?うちゅうステーションにひっこしたしょうがくせいのひかるが、たのしいまい日をしょうかいします。

タイトル火星は…   
  出版社  あすなろ書房
作者名スザンヌ・スレード・文 千葉茂樹・訳 三河内岳・監修
コメントきり立つがけや、ふかいみぞ。地すべりもあるし、火山のふんかもある。ちきゅうと同じようにきしょうやきせつのへんかがある火星を、うつくしいしゃしんでしょうかいします。

11:00
2023/09/21

10月「みんなのおうち、紹介します」

| by 郡上市図書館

タイトルくすのきだんちのおとなりさん
出版社ひかりのくに
作者名武鹿悦子・作 末崎茂樹・絵
コメントくすのきだんちのうらにわに、コオロギのきょうだいがひっこしてきました。だんちのみんなが、かわるがわる見にきましたが、ふたりは人みしりで…。

タイトルゴミにすむ魚たち
出版社講談社
作者名大塚幸彦・文・写真
コメントあきかんをうみにすてると、目には見えなくなるけれどきえてしまったわけじゃない。にんげんのすてたゴミの中で、たくましく生きる生きもののすがたをしょうかいします。

タイトルドワーフじいさんのいえづくり
出版社フレーベル館
作者名青山邦彦・作・絵
コメントドワーフじいさんが、みはらしだいのあるあたらしい家で くらしたいとおもい、家をつくりはじめました。でもひとりではおもい木ざいをはこべません。そこで…。

タイトルみんなで!いえをたてる
出版社偕成社
作者名竹下文子・文 鈴木まもる・絵
コメントあき地に、あたらしい家がたちます。ダンプカーやショベルカーなどのくるまがやってきました。だいくさんたちの、木づちやかなづちを、つかう音もきこえてきます。

タイトルせかいいちおおきなうち
出版社好学社
作者名レオ・レオニ・作 谷川俊太郎・訳
コメントおいしそうなキャベツに、カタツムリたちがすんでいました。「大きくなったらせかいいち大きなうちがほしいな。」とチビカタツムリが言うと、おとうさんは…。

タイトルちいさなふたりのいえさがし
出版社福音館書店
作者名たかおゆうこ・作
コメントクルミの家に、おじいさんとおばあさんがすんでいました。ある日、ひょうがふってきて家がこわれてしまったので、ふたりはあたらしい家をさがすたびにでました。

17:09
2023/09/01

9月「どうぶつのこと、しってる?」

| by 郡上市図書館

タイトルどうぶつしんちょうそくてい
出版社アリス館
作者名聞かせ屋。けいたろう・文 高畠純・絵
コメントきょうはどうぶつえんのしんちょうそくていです。ウサギは耳をピーンとのばしたけれど、はかったのはあたまのさきまで。つぎはカンガルー。どうぶつたちは、じょうずにはかれるのでしょうか?

タイトルこんなしっぽでなにするの?
出版社評論社
作者名スティーブ・ジェンキンズ・共作 ロビン・ペイジ・共作        佐藤見果夢・訳
コメントどうぶつが、じぶんたちのはなや耳、しっぽや足、目、口をどんなふうにつかっているのか、からだのいちぶだけを見て、あてられるかな?

タイトルおおかみのおなかのなかで
出版社徳間書店
作者名マック・バーネット・文 ジョン・クラッセン・絵     なかがわちひろ・訳
コメントおおかみにたべられたねずみは、おなかの中であひるにあいました。あひるは「そとにはもどりたくない。」というので、ねずみもいっしょにくらすことに…。

タイトルシマウマしましまなぜあるの?
出版社アノニマ・スタジオ
作者名リラ・プラップ・作 松田素子・訳
コメントシマウマの体はみんなしましまだ。クジラがしおふき、なぜふくの。サイのつの、はなの上にはえている。なぜかな、わかるかな。さあ、いっしょにかんがえよう。

タイトルニャーンといったのはだーれ
出版社偕成社
作者名ステーエフ・文・絵 西郷竹彦・訳
コメント子犬がねていると「ニャーン」とこえがしました。おき上がってさがしてみますが、だれもいません。にわをさんぽしていたニワトリや子ネズミにきいてみますが…。

タイトルどうぶつえんガイド
出版社福音館書店
作者名あべ弘士・作・絵 なかのまさたか・デザイン
コメントカンガルーのあかちゃんの大きさは?ラクダのこぶには、なにがはいっている?フクロウがおひるにボーっとしているのはなぜ?どうぶつえんであえるどうぶつをしょうかいします。

09:00
12345