トップページ > こどものページ> 本とともだち> 本のしょうかい 

本のしょうかい

 
本とともだち
12345
2023/01/04

1月「うさぎ」

| by 郡上市図書館

タイトルくいしんぼうさぎ
出版社ポプラ社
作者名せなけいこ・作・絵
コメントあるところに、くいしんぼうなうさぎがいました。くいしんぼうさぎは、まいにちぱくぱく。ゾウさんやカバさんよりも、たくさんたべたら、あらららら……。

タイトル天の火をぬすんだウサギ
出版社評論社
作者名ジョアンナ・トゥロートン・作 山口文生・訳
コメントむかし、このちじょうにまだ火がなかったころ。ふゆのさむさにふるえるどうぶつたちは、たかい山にすむ天の人から、火をぬすんでこようとそうだんしました。そして、ウサギがでかけましたが……。

タイトル3びきのうさぎ
出版社文溪堂
作者名ゼルク・ゾルターン・作 レイク・カーロイ・絵         マンディ・ハシモト・レナ・訳
コメントカササギが、大きなもりの中で、3びきのうさぎをみつけました。「これからキツネをつかまえて、たべるとしよう。」うさぎのことばをしんじたカササギは……。

タイトル7ひきのこうさぎ
出版社好学社
作者名ジョン・ベッカー・文 バーバラ・クーニー・絵      岸田衿子・訳
コメントともだちのカエルにあいにいく7ひきのこうさぎたち。1ばん目のこうさぎはとちゅうでつかれたので、もぐらのいえでやすむことにしました。2ばん目のこうさぎもつかれてしまい……。

タイトルおたんじょうびのおくりもの
出版社教育画劇
作者名むらやまけいこ・作 やまわきゆりこ・絵
コメントきょうはうさぎのみみーのたんじょう日。それをすっかりわすれていたぴょんぴょんは、おくりものをかんがえましたが、あまりきゅうなので、なにもあげるものがありません。

タイトルどんなにきみがすきだかあててごらん
出版社評論社
作者名サム・マクブラットニィ・文 アニタ・ジェラーム・絵      小川仁央・訳
コメントチビウサギとデカウサギは大のなかよし。「ぼくはきみのことこーんなにすきだよ。」と2ひきは、うでをひろげたり、とびあがったりして、つたえようとします。

09:00
2022/12/01

12月「こんな世界、あんな世界」

| by 郡上市図書館

タイトルもしものくに
出版社こぐま社
作者名馬場のぼる・作
コメント12人の子どもたちと、もしものくにへいってみよう。もしもはねがあったら、どうする?わたしは、てんしになっておそらでおどる!もしもこびとになったら、どうする?

タイトルわんぱくだんのまほうのじゅうたん
出版社ひさかたチャイルド
作者名ゆきのゆみこ・上野与志・作 末崎茂樹・絵
コメントわんぱくだんのけん、ひろし、くみは、ものおきごやでふるぼけたじゅうたんをみつけました。3人がうえにのるとふわりとうかびあがり、ついたのはまほうのくにで……。

タイトルかいじゅうたちのいるところ
出版社冨山房
作者名モーリス・センダック・作 じんぐうてるお・訳
コメントあるばん、マックスはオオカミのぬいぐるみをきて、いたずらをはじめて大あばれ。おかあさんにおこられてしんしつにいると、にょきにょきと木がはえだして……。

タイトルベッドのなかはきょうりゅうのくに
出版社童心社
作者名まつおかたつひで・作・絵
コメントよる、おとこの子がベッドにはいり、ふとんのおくへもぐっていくと、そこはきょうりゅうのせかい。まいごのランベオサウルスにであい、いっしょにおかあさんをさがすことになりました。

タイトル魔術師アブドゥル・ガサツィの庭園
出版社あすなろ書房
作者名C.V.オールズバーグ・絵・文 村上春樹・訳
コメントアラン・ミッツはミス・へスターにたのまれて、いぬのフリッツとさんぽにいきました。とちゅう、「いぬをていえんのなかにいれてはいけません。」とかかれたふだをみつけ……。

タイトルきつねのかみさま
出版社ポプラ社
作者名あまんきみこ・作 酒井駒子・絵
コメントなわとびのひもをわすれたりえちゃんは、おとうとのけんちゃんとこうえんにとりにいきました。でも、ひもはみあたりません。すると、にぎやかなこえがきこえてきて……。

08:00
2022/11/01

11月「のりものだいすき」

| by 郡上市図書館

タイトルおたすけこびとのまいごさがし
出版社徳間書店
作者名なかがわちひろ・文 コヨセジュンジ・絵
コメントあめふりの日、おばあさんがこびとたちにまいごをさがしてほしいとたのみました。こびとたちはショベルカーやヘリコプターなどでさがして、まいごをみつけますが……。

タイトルでんしゃでいこうでんしゃでかえろう
出版社ひさかたチャイルド
作者名間瀬なおたか・作・絵
コメント「やまのえき」をでんしゃがしゅっぱつ!デデン ドドン デデン ドドン。トンネルをぬけ、ゆきののはらをはしり、山をこえ、てっきょうをわたります。またトンネルをぬけると……。

タイトル新幹線しゅっぱつ!
出版社福音館書店
作者名鎌田歩・作
コメントかぞくで、とうきょうえきにやってきたつばさくん。はじめてしんかんせんにのって、あきたにいるおじいちゃんおばあちゃんのいえにあそびにいくのです。どんなたびになるでしょう。

タイトルバムとケロのそらのたび
出版社文溪堂
作者名島田ゆか・作・絵
コメントバムのいえにおじいちゃんから大きなこづつみがとどきました。こづつみのなかみはくみたてしきのひこうき。バムはケロといっしょにひこうきをかんせいさせ、さあしゅっぱつです。

タイトルのっていこう   
  出版社  福音館書店
作者名木内達朗・作
コメントきょうはおとうさんとおでかけ。3つののりものにのっていくんだって。さいしょにのったのはバス。2ばんめはでんしゃ。つぎはなににのるのかな?どこにいくのかな?

タイトルみんなで!どうろこうじ   
  出版社  偕成社
作者名竹下文子・作 鈴木まもる・絵
コメントパンやさんのまえのみちはくるまがとおると、がったんがったん。そこでどうろをなおすこうじがはじまりました。さいしょはロードカッターでアスファルトをきります。つぎは……。

08:00
2022/10/01

10月「中はな~に?」

| by 郡上市図書館

タイトルくるみのなかには
出版社講談社
作者名たかおゆうこ・作
コメントくるみの中には、なにがある?ゆらして、もしシャリンチリンといいおとがしたら、中にはちいさなたからもの。もしカラーンカラーンとかすかにおとがきこえたら……。

タイトルどうなっているの?だんめん図鑑
出版社小学館
作者名断面マン・製作・監修
コメントまつぼっくり、ハーモニカ、ドライヤー、じゃぐち、タイヤ、でんきゅう……。ちかくにあるものの「なかみ」がどうなっているのか、ズバッとカットしてみてみよう。

タイトルウサギのすあなにいるのはだあれ?
出版社徳間書店
作者名ジュリア・ドナルドソン・文 ヘレン・オクセンバリー・絵  とたにようこ・訳
コメントウサギがすあなにもどってくると、中から「おいらは、はらぺこぴょんがぶりん。ウサギのみみが大こうぶつ!」というこえがしました。びっくりしたウサギは……。

タイトルあなのなかには…
出版社フレーベル館
作者名レベッカ・コップ・作・絵 長友恵子・訳
コメントにわのさくらの木のそばに、ちいさなあなをみつけたおとこの子。このあなの中には、きっとなにかいるとおもうんだ。ねずみかな?カエルかな?それともかいぶつ?

タイトルみるなのくら
出版社福音館書店
作者名おざわとしお・再話 赤羽末吉・画
コメントまずしいわかものが、山のおくにまよいこみ、おおきなやしきをみつけました。そこには、あねさまがいてわかものを、もてなしてくれました。やしきには12のくらがあり……。

タイトルふくろのなかにはなにがある?
出版社ほるぷ出版
作者名ポール・がルドン・再話・絵 こだまともこ・訳
コメントある日、キツネはハチをつかまえました。ハチをふくろにいれ「ふくろの中をぜったいにのぞくなよ!」と、おばさんにあずけました。ふくろの中がきになる、おばさんは……。

09:00
2022/09/01

9月「とことん集める」

| by 郡上市図書館

タイトルはまべでひろったよ
出版社ひさかたチャイルド
作者名
コメントはまべでは、おもしろいものがみつかるよ。かいそうや、かいがら、ガラスのかけらや、おもちゃまで……。ほかには、どんなものがおちているかな?

タイトルキュッパのはくぶつかん
出版社福音館書店
作者名オーシル・カンスタ・ヨンセン・作 ひだにれいこ・訳
コメントまるたのおとこの子キュッパは、たくさんのものを森であつめてきましたが、はこもひきだしもいっぱいになってしまったので、はくぶつかんをひらくことにしました。

タイトルみんなおなじでもみんなちがう
出版社福音館書店
作者名奥井一満・文 得能通弘・写真  小西啓介・AD
コメントいろいろなばしょのうみからとれたアサリは、おもしろいもようをしています。でもひとつひとつをよーくみると、みんなすこしずつ、もようがちがいます。 

タイトルママ、ママ、おなかがいたいよ
出版社福音館書店
作者名レミイ・シャーリップ・文 バートン・サプリー・文     レミイ・シャーリップ・絵 つぼいいくみ・訳
コメントおなかがパンパンにふくれて「ママ、ママ、おなかがいたいよ。」という子ども。おいしゃさんがおなかの中をしらべると、いろいろなものがでてきて……。

タイトルあたまにつまった石ころが
出版社光村教育図書
作者名キャロル・オーティス・ハースト・文 ジェイムス・スティブンソン・絵 千葉茂樹・訳
コメントきってやコインなど、あつめているものはありますか?わたしのおとうさんは石をあつめていました。「石じゃかねにならんぞ。」と、まわりの人はいいましたが……。

タイトルホネホネたんけんたい
出版社アリス館
作者名西澤真樹子・監修・解説 大西成明・写真  松田素子・文
コメントくねくねぐにゃぐにゃやわらかくても、しっぽのさきまでほねがあるヘビや、かたいこうらをもっているカメなど、いろいろなどうぶつのほねをみてみましょう。

10:00
2022/08/02

8月「あつ~い夏!本でひんやり」

| by 郡上市図書館

タイトル14ひきのせんたく
出版社童心社
作者名いわむらかずお・作
コメントふりつづいた雨がやんで、森じゅうになつのたいようのひかりがさしこみました。「せんたくしましょう。」と、おかあさんとこどもたちは、川へせんたくにでかけます。

タイトルジュース
出版社鈴木出版
作者名三木卓・作 杉浦範茂・絵 
コメントリョウくんがそとへはしっていきました。しばらくすると、かげぼうしがおくれてついてきます。「ぼくの足にくっついて。」と、リョウくんは、またはしりだし……。

タイトルお月さんのシャーベット
出版社ブロンズ新社
作者名ペク・ヒナ・作 長谷川義史・訳
コメントあついよる。アパートにすむみんなは、エアコンやせんぷうきをつけて、ねむりにつこうとしていました。あまりにもあつすぎて、ついに、お月さんがとけだしました。  

タイトルあついあつい
出版社福音館書店
作者名垂石眞子・作
コメント「どこかにすずしいところはないかな。」と、ペンギンはやっとみつけた日かげでひとやすみ。「だれ!ぼくのかげですずんでいるのは!」なんとそこは、アザラシのかげで……。

タイトルお化け屋敷へようこそ
出版社BL出版
作者名川端誠・作
コメントおばけやしきとウワサされるやしきをたんけんしようと中へ入っていった、たくや、こうへい、つよし、しんのすけの4人。なんとそこは本物のおばけやしきで……。

タイトルカメレオンのかきごおりや
出版社アリス館
作者名谷口智則・作
コメントぼくは、たびするかきごおりや。うちのじまんは、せかいじゅうであつめた色とりどりのシロップ。かきごおりをたべると、すてきなことがおこるんだ。

09:00
2022/07/01

7月「かっぱがいっぱい」

| by 郡上市図書館

タイトルカッパのぬけがら
出版社理論社
作者名なかがわちひろ・作
コメント「おまえ、カッパになれ」といわれ、カッパのぬけがらをきせられたゲンタは、ほんもののカッパとなかよしになり、川の中でたのしくくらしますが……。

タイトルかっぱのすもう
出版社教育画劇
作者名小沢正・文 太田大八・画   
コメントある日、おじいさんのだいじなキュウリばたけがあらされていました。おじいさんがこえのするほうへいってみると、もりでカッパたちが、すもうをとっていて……。

タイトルおっきょちゃんとかっぱ
出版社福音館書店
作者名長谷川摂子・文 降矢奈々・絵
コメントおっきょちゃんが、うらの川であそんでいるとカッパのガータロに「おまつりのおきゃくさんになれ。」と、さそわました。おっきょちゃんが、おまつりにいくと……。

タイトルほうまんの池のカッパ
出版社BL出版
作者名椋鳩十・文 赤羽末吉・絵
コメントとらまつは「おれがたねがしまでいちばんの力もちだ。」と、いつもいばっていました。ある日、川でたくさんさかなをつったかえりに、ほうまんのいけのそばをとおりかかると……。

タイトルひゅるひゅる
出版社童心社
作者名せなけいこ・作
コメントおさむらいさんが、つりをしているとカッパの子どもがつれました。あわてたおやガッパが「子どもをかえしてくれ。」と、やってきて、ふしぎなふえをくれました。

タイトルかっぱのてがみ
出版社教育画劇
作者名さねとうあきら・文 かたやまけん・画
コメントうみまでてがみをとどけるようたのまれた、ぎへいさん。こっそりてがみをあけてみると、かみはまっしろ。これはカッパのてがみだときづいた、ぎへいさんは……。

08:00
2022/06/01

6月「うそ」

| by 郡上市図書館

タイトルコップをわったねずみくん
出版社ポプラ社
作者名なかえよしを・作 上野紀子・絵
コメントコップをわってしまったねずみくん。このままでは、おかあさんにしかられてしまいます。「ゾウさんがわったことにしようかな。キリンさんかな。」と、かんがえていると……。

タイトルわにのなみだはうそなきなみだ
出版社ロクリン社
作者名アンドレ・フランソワ・作 ふしみみさを・訳 
コメントヨーロッパでは、ウソなきのことを「ワニのなみだ」っていうんだ。どうしてだろう?それをしらべるために、まずは、ワニをつかまえて……。

タイトルおしゃべりなたまごやき
出版社福音館書店
作者名寺村輝夫・作 長新太・画
コメントたまごやきの大すきな王さまがいました。ある日、王さまは、さんぽのとちゅうで、ニワトリごやからニワトリをにがしてしまいます。はんにんさがしがはじまりますが、王さまはいいだせず……。

タイトルきつねとかわうそ 日本の昔話
出版社福音館書店
作者名梶山俊夫・再話 画 
コメントおたがいにごちそうしあうやくそくをした、きつねとかわうそ。はじめに、かわうそがきつねに、ごちそうをしてあげました。つぎはきつねのばんです。ところが……。

タイトル願いのかなうまがり角
出版社偕成社
作者名岡田淳・作 田中六大・絵
コメントぼくのおじいちゃんはすごい!かみなりのむすめさんとけっこんして、せかい中からチョコレートをもらって、どんなねがいもかなうまがりかどをしっているんだって。ほんとうかな?

タイトルエイドリアンはぜったいウソをついている
出版社岩波書店
作者名マーシー・キャンベル・文 コリーナ・ルーケン・絵     服部雄一郎・訳
コメントおなじクラスのエイドリアンは、みんなに「うちには馬がいるんだよ。」っていいふらしてる。わたしはそんなのしんじない。ウソばっかりと思ってる。なのに、かあさんは……。

13:00
2022/05/01

5月「みえる?みえない?」

| by 郡上市図書館

タイトルじゃない!
出版社フレーベル館
作者名チョーヒカル・作
コメントこれはおいしそうな、きゅうり。じゃなくて、バナナ!これは、ざるにのったまっかなイチゴ。じゃなくて…。みためにだまされず、そうぞうしてみよう。

タイトルくろいの
出版社偕成社
作者名田中清代・作
コメントおんなの子がかえるいつものみち、へいの上にくろいのがいた。ある日、「ねえ、なにしてるの?」と、こえをかけたら、おりてきてあるきだした。ついていってみると…。

タイトルはだかの王さま
出版社岩波書店
作者名アンデルセン・作 バージニア・リー・バートン・絵 乾侑美子・訳
コメントむかしあるところに、おしゃれな王さまがいました。ある日、王さまのところにふたりのはたおりがやってきて、まほうのぬのでふくをつくるというのです。ところが、このふくは…。

タイトルまちにはいろんなかおがいて
出版社福音館書店
作者名佐々木マキ・文・写真
コメントマンホールも、よくみるとかおにみえる。たてものやこうえんのゆうぐにも、かおがいっぱい。たのしいかお、こまったかお…。まちにはいろんなかおがある。いろんなかおをさがしてみよう。

タイトル視覚ミステリーえほん
出版社あすなろ書房
作者名ウォルター・ウィック・作 林田康一・訳
コメントきいろい木でできたさんかく。よくみると、ふしぎなねじれかたをしています。ひかりやみるかくどをかえてしゃしんをとることで、ふしぎなさっかくのせかいをつくりだします。

タイトルきつね、きつね、きつねがとおる
出版社ポプラ社
作者名伊藤遊・作 岡本順・絵
コメントはやく、大きくなりたいな。けっこんしきのはなよめさんも、まちでやってた大どうげいにんも、ぜんぜんみえないんだもの。でもみえたんだ。よるにかぞくでかわのそばをあるいてたら…。あら?おかあさんたちにはみえないのかな?

11:00
2022/04/01

4月「本の本」

| by 郡上市図書館

タイトルもっかい!
出版社フレーベル館
作者名エミリー グラヴェット・作 福本 友美子・訳
コメントそろそろ、おやすみのじかんです。ドラゴンのセドリックは、おきにいりの本をママによんでもらいます。「もっかい!」となんどもよんでもらっていると…。

タイトルでんしゃとしょかん
出版社文研出版
作者名深山さくら・文 はせがわかこ・絵
コメントこうえんにでんしゃがあります。でんしゃの中には本がいっぱい。ようちえんの子どもたちがやってきて、すきな絵本をさがします。がっこうがおわったしょうがくせいもやってきましたよ。

タイトルほんやねこ
出版社講談社
作者名石川えりこ・作
コメントここは、ネコがやっている本やさん。はやめにおみせをしめたネコは、おさんぽにでかけましたが、まどをしめわすれていました。つよいかぜがふきこみ、たなのえほんが…。

タイトルしずかに!ここはどうぶつのとしょかんです
出版社BL出版
作者名ドン・フリーマン・作 なかがわちひろ・訳
コメントカリーナが「どうぶつたちも、本よみたいかもしれないな」と、おもっていると、カナリアがはいってきました。ライオンやくま、ゾウもつぎつぎやってきて…。

タイトルほんのなかのほんのなかのほん
出版社くもん出版
作者名ジュリアン・ベール・作 シモン・バイイ・絵 木坂涼・訳
コメントパパとママと、うみにあそびにきたトムくんは、本が1さつおちていることにきがつきました。本をひらいてみると本の中に本が、それをひらくと、また本の中に本が…。

タイトルこのほんよんでくれ!
出版社クレヨンハウス
作者名ベネディクト・カルボネリ・文             ミカエル・ドゥリュリュー・絵 ほむらひろし・訳
コメントえほんをひろったオオカミ。おはなしをしりたいのですが、じがよめません。そこで森のどうぶつたちによんでくれるようたのみますが、みんなオオカミをこわがり…。

16:43
12345