トップページ > こどものページ> 本とともだち> 本のしょうかい 

本のしょうかい

 
本とともだち
12345
2022/09/01

9月「とことん集める」

| by 郡上市図書館

タイトルはまべでひろったよ
出版社ひさかたチャイルド
作者名
コメントはまべでは、おもしろいものがみつかるよ。かいそうや、かいがら、ガラスのかけらや、おもちゃまで……。ほかには、どんなものがおちているかな?

タイトルキュッパのはくぶつかん
出版社福音館書店
作者名オーシル・カンスタ・ヨンセン・作 ひだにれいこ・訳
コメントまるたのおとこの子キュッパは、たくさんのものを森であつめてきましたが、はこもひきだしもいっぱいになってしまったので、はくぶつかんをひらくことにしました。

タイトルみんなおなじでもみんなちがう
出版社福音館書店
作者名奥井一満・文 得能通弘・写真  小西啓介・AD
コメントいろいろなばしょのうみからとれたアサリは、おもしろいもようをしています。でもひとつひとつをよーくみると、みんなすこしずつ、もようがちがいます。 

タイトルママ、ママ、おなかがいたいよ
出版社福音館書店
作者名レミイ・シャーリップ・文 バートン・サプリー・文     レミイ・シャーリップ・絵 つぼいいくみ・訳
コメントおなかがパンパンにふくれて「ママ、ママ、おなかがいたいよ。」という子ども。おいしゃさんがおなかの中をしらべると、いろいろなものがでてきて……。

タイトルあたまにつまった石ころが
出版社光村教育図書
作者名キャロル・オーティス・ハースト・文 ジェイムス・スティブンソン・絵 千葉茂樹・訳
コメントきってやコインなど、あつめているものはありますか?わたしのおとうさんは石をあつめていました。「石じゃかねにならんぞ。」と、まわりの人はいいましたが……。

タイトルホネホネたんけんたい
出版社アリス館
作者名西澤真樹子・監修・解説 大西成明・写真  松田素子・文
コメントくねくねぐにゃぐにゃやわらかくても、しっぽのさきまでほねがあるヘビや、かたいこうらをもっているカメなど、いろいろなどうぶつのほねをみてみましょう。

10:00
2022/08/02

8月「あつ~い夏!本でひんやり」

| by 郡上市図書館

タイトル14ひきのせんたく
出版社童心社
作者名いわむらかずお・作
コメントふりつづいた雨がやんで、森じゅうになつのたいようのひかりがさしこみました。「せんたくしましょう。」と、おかあさんとこどもたちは、川へせんたくにでかけます。

タイトルジュース
出版社鈴木出版
作者名三木卓・作 杉浦範茂・絵 
コメントリョウくんがそとへはしっていきました。しばらくすると、かげぼうしがおくれてついてきます。「ぼくの足にくっついて。」と、リョウくんは、またはしりだし……。

タイトルお月さんのシャーベット
出版社ブロンズ新社
作者名ペク・ヒナ・作 長谷川義史・訳
コメントあついよる。アパートにすむみんなは、エアコンやせんぷうきをつけて、ねむりにつこうとしていました。あまりにもあつすぎて、ついに、お月さんがとけだしました。  

タイトルあついあつい
出版社福音館書店
作者名垂石眞子・作
コメント「どこかにすずしいところはないかな。」と、ペンギンはやっとみつけた日かげでひとやすみ。「だれ!ぼくのかげですずんでいるのは!」なんとそこは、アザラシのかげで……。

タイトルお化け屋敷へようこそ
出版社BL出版
作者名川端誠・作
コメントおばけやしきとウワサされるやしきをたんけんしようと中へ入っていった、たくや、こうへい、つよし、しんのすけの4人。なんとそこは本物のおばけやしきで……。

タイトルカメレオンのかきごおりや
出版社アリス館
作者名谷口智則・作
コメントぼくは、たびするかきごおりや。うちのじまんは、せかいじゅうであつめた色とりどりのシロップ。かきごおりをたべると、すてきなことがおこるんだ。

09:00
2022/07/01

7月「かっぱがいっぱい」

| by 郡上市図書館

タイトルカッパのぬけがら
出版社理論社
作者名なかがわちひろ・作
コメント「おまえ、カッパになれ」といわれ、カッパのぬけがらをきせられたゲンタは、ほんもののカッパとなかよしになり、川の中でたのしくくらしますが……。

タイトルかっぱのすもう
出版社教育画劇
作者名小沢正・文 太田大八・画   
コメントある日、おじいさんのだいじなキュウリばたけがあらされていました。おじいさんがこえのするほうへいってみると、もりでカッパたちが、すもうをとっていて……。

タイトルおっきょちゃんとかっぱ
出版社福音館書店
作者名長谷川摂子・文 降矢奈々・絵
コメントおっきょちゃんが、うらの川であそんでいるとカッパのガータロに「おまつりのおきゃくさんになれ。」と、さそわました。おっきょちゃんが、おまつりにいくと……。

タイトルほうまんの池のカッパ
出版社BL出版
作者名椋鳩十・文 赤羽末吉・絵
コメントとらまつは「おれがたねがしまでいちばんの力もちだ。」と、いつもいばっていました。ある日、川でたくさんさかなをつったかえりに、ほうまんのいけのそばをとおりかかると……。

タイトルひゅるひゅる
出版社童心社
作者名せなけいこ・作
コメントおさむらいさんが、つりをしているとカッパの子どもがつれました。あわてたおやガッパが「子どもをかえしてくれ。」と、やってきて、ふしぎなふえをくれました。

タイトルかっぱのてがみ
出版社教育画劇
作者名さねとうあきら・文 かたやまけん・画
コメントうみまでてがみをとどけるようたのまれた、ぎへいさん。こっそりてがみをあけてみると、かみはまっしろ。これはカッパのてがみだときづいた、ぎへいさんは……。

08:00
2022/06/01

6月「うそ」

| by 郡上市図書館

タイトルコップをわったねずみくん
出版社ポプラ社
作者名なかえよしを・作 上野紀子・絵
コメントコップをわってしまったねずみくん。このままでは、おかあさんにしかられてしまいます。「ゾウさんがわったことにしようかな。キリンさんかな。」と、かんがえていると……。

タイトルわにのなみだはうそなきなみだ
出版社ロクリン社
作者名アンドレ・フランソワ・作 ふしみみさを・訳 
コメントヨーロッパでは、ウソなきのことを「ワニのなみだ」っていうんだ。どうしてだろう?それをしらべるために、まずは、ワニをつかまえて……。

タイトルおしゃべりなたまごやき
出版社福音館書店
作者名寺村輝夫・作 長新太・画
コメントたまごやきの大すきな王さまがいました。ある日、王さまは、さんぽのとちゅうで、ニワトリごやからニワトリをにがしてしまいます。はんにんさがしがはじまりますが、王さまはいいだせず……。

タイトルきつねとかわうそ 日本の昔話
出版社福音館書店
作者名梶山俊夫・再話 画 
コメントおたがいにごちそうしあうやくそくをした、きつねとかわうそ。はじめに、かわうそがきつねに、ごちそうをしてあげました。つぎはきつねのばんです。ところが……。

タイトル願いのかなうまがり角
出版社偕成社
作者名岡田淳・作 田中六大・絵
コメントぼくのおじいちゃんはすごい!かみなりのむすめさんとけっこんして、せかい中からチョコレートをもらって、どんなねがいもかなうまがりかどをしっているんだって。ほんとうかな?

タイトルエイドリアンはぜったいウソをついている
出版社岩波書店
作者名マーシー・キャンベル・文 コリーナ・ルーケン・絵     服部雄一郎・訳
コメントおなじクラスのエイドリアンは、みんなに「うちには馬がいるんだよ。」っていいふらしてる。わたしはそんなのしんじない。ウソばっかりと思ってる。なのに、かあさんは……。

13:00
2022/05/01

5月「みえる?みえない?」

| by 郡上市図書館

タイトルじゃない!
出版社フレーベル館
作者名チョーヒカル・作
コメントこれはおいしそうな、きゅうり。じゃなくて、バナナ!これは、ざるにのったまっかなイチゴ。じゃなくて…。みためにだまされず、そうぞうしてみよう。

タイトルくろいの
出版社偕成社
作者名田中清代・作
コメントおんなの子がかえるいつものみち、へいの上にくろいのがいた。ある日、「ねえ、なにしてるの?」と、こえをかけたら、おりてきてあるきだした。ついていってみると…。

タイトルはだかの王さま
出版社岩波書店
作者名アンデルセン・作 バージニア・リー・バートン・絵 乾侑美子・訳
コメントむかしあるところに、おしゃれな王さまがいました。ある日、王さまのところにふたりのはたおりがやってきて、まほうのぬのでふくをつくるというのです。ところが、このふくは…。

タイトルまちにはいろんなかおがいて
出版社福音館書店
作者名佐々木マキ・文・写真
コメントマンホールも、よくみるとかおにみえる。たてものやこうえんのゆうぐにも、かおがいっぱい。たのしいかお、こまったかお…。まちにはいろんなかおがある。いろんなかおをさがしてみよう。

タイトル視覚ミステリーえほん
出版社あすなろ書房
作者名ウォルター・ウィック・作 林田康一・訳
コメントきいろい木でできたさんかく。よくみると、ふしぎなねじれかたをしています。ひかりやみるかくどをかえてしゃしんをとることで、ふしぎなさっかくのせかいをつくりだします。

タイトルきつね、きつね、きつねがとおる
出版社ポプラ社
作者名伊藤遊・作 岡本順・絵
コメントはやく、大きくなりたいな。けっこんしきのはなよめさんも、まちでやってた大どうげいにんも、ぜんぜんみえないんだもの。でもみえたんだ。よるにかぞくでかわのそばをあるいてたら…。あら?おかあさんたちにはみえないのかな?

11:00
2022/04/01

4月「本の本」

| by 郡上市図書館

タイトルもっかい!
出版社フレーベル館
作者名エミリー グラヴェット・作 福本 友美子・訳
コメントそろそろ、おやすみのじかんです。ドラゴンのセドリックは、おきにいりの本をママによんでもらいます。「もっかい!」となんどもよんでもらっていると…。

タイトルでんしゃとしょかん
出版社文研出版
作者名深山さくら・文 はせがわかこ・絵
コメントこうえんにでんしゃがあります。でんしゃの中には本がいっぱい。ようちえんの子どもたちがやってきて、すきな絵本をさがします。がっこうがおわったしょうがくせいもやってきましたよ。

タイトルほんやねこ
出版社講談社
作者名石川えりこ・作
コメントここは、ネコがやっている本やさん。はやめにおみせをしめたネコは、おさんぽにでかけましたが、まどをしめわすれていました。つよいかぜがふきこみ、たなのえほんが…。

タイトルしずかに!ここはどうぶつのとしょかんです
出版社BL出版
作者名ドン・フリーマン・作 なかがわちひろ・訳
コメントカリーナが「どうぶつたちも、本よみたいかもしれないな」と、おもっていると、カナリアがはいってきました。ライオンやくま、ゾウもつぎつぎやってきて…。

タイトルほんのなかのほんのなかのほん
出版社くもん出版
作者名ジュリアン・ベール・作 シモン・バイイ・絵 木坂涼・訳
コメントパパとママと、うみにあそびにきたトムくんは、本が1さつおちていることにきがつきました。本をひらいてみると本の中に本が、それをひらくと、また本の中に本が…。

タイトルこのほんよんでくれ!
出版社クレヨンハウス
作者名ベネディクト・カルボネリ・文             ミカエル・ドゥリュリュー・絵 ほむらひろし・訳
コメントえほんをひろったオオカミ。おはなしをしりたいのですが、じがよめません。そこで森のどうぶつたちによんでくれるようたのみますが、みんなオオカミをこわがり…。

16:43
2022/03/01

3月「たねの話」

| by 郡上市図書館

タイトルそらいろのたね
出版社福音館書店
作者名中川李枝子・作 大村百合子・絵
コメントゆうじとキツネは、おもちゃのひこうきと「そらいろのたね」をこうかんしました。たねをうえると、そらいろのいえがはえてきました。そらのいえは大きくなり…。

タイトルたねがとぶ
出版社福音館書店
作者名甲斐信枝・作 森田竜義・監修
コメントはる、くさがはなをさかせたあとに、みをつけました。みの中にはたねがはいっています。たねはくさの子どもです。たねたちは、あたらしいばしょになかまをふやすためのたびにでます。

タイトルぶたのたね
出版社絵本館
作者名佐々木マキ・作・絵
コメントあしのおそいオオカミが、どうしてもブタをつかまえたくて、キツネはかせから「ぶたのたね」をもらいました。せっせとみずをあげると、木にたくさんのブタがみのり…。

タイトルエディのやさいばたけ
出版社福音館書店
作者名サラ・ガーランド・作 まきふみえ・訳
コメント エディはじぶんのはたけをもらいました。いもうとのリリーといっしょに、土をほりおこし、たねまきをします。エディのはたけでは、どんなやさいができたでしょうか?

タイトルいちご
出版社小学館
作者名荒井真紀・作
コメントあまくてかわいいイチゴは、みんなのにんきもの。イチゴをたべると、プチプチプチと、おとがします。なんのおとでしょう?イチゴをそだてて、しらべてみましょう。

タイトルみどりいろのたね
出版社福音館書店
作者名たかどのほうこ・作 太田大八・絵
コメントまあちゃんたちのクラスでははたけにたねをまくことになりました。せんせいからたねをもらうと、まあちゃんはたねといっしょになめていたメロンあめもうめてしまい…。

09:00
2022/02/01

2月「長さのひみつ」

| by 郡上市図書館

タイトルまいにちからだはあたらしい!
出版社童心社
作者名細谷亮太・文 長野ヒデ子・絵
コメントかみのけはのびる、のびる。ぼうずにしても、またはえる。つめもきってもきっても、あたらしくのびてくる。たべる、うんどうする、ねる。みんな大きくなっていく…。

タイトルうさぎのみみはなぜながい メキシコ民話
出版社福音館書店
作者名北川民次・文・絵  
コメントむかしむかしウサギが、もっと大きなからだになりたいと、かみさまにおねがいしました。かみさまは「トラとワニとサルのけがわをもってきたらねがいをかなえてやろう。」といい…。

タイトルじゅげむ
出版社クレヨンハウス
作者名川端誠・作
コメントうまれた赤ちゃんに、めでたい名まえをつけようと、おてらのおしょうさんにそうだんにいったおとうさん。でもおしょうさんからおしえてもらった名まえを1つにきめられず…。

タイトルながいでしょりっぱでしょ
出版社PHP研究所
作者名サトシン・作 山村浩二・絵
コメント「水をくんだり、にもつをはこんだりできるんだ。」ぞうさんがはなのじまんをしていると、ヘビさんやキリンさんも、じまんをはじめました。さて、みんなのじまんって?

タイトルまあちゃんのながいかみ
出版社福音館書店
作者名たかどのほうこ・作
コメントおかっぱあたまのまあちゃんは、「これから、もっとずっとながくかみをのばすんだ。」と、ともだちにいいました。どのくらいのばすかというと…?

タイトル三ねんねたろう
出版社ポプラ社
作者名おおかわえっせい・文 わたなべさぶろう・絵 
コメントむかしむかし、みんなから「ねたろう」とよばれている、いちにちじゅうねてばかりいるおとこがいました。ある日のこと、ねたろうは、とつぜん目をさまし…。

09:00
2022/01/04

1月「今年の主役 トラの本」

| by 郡上市図書館

タイトルとらたとおおゆき
出版社福音館書店
作者名なかがわりえこ・文 なかがわそうや・絵  
コメントトラの子、とらたはおとうさんに、そりをつくってもらいました。すずがついていて「りんりん」といいおとがします。そのおとをきいてともだちもあつまってきましたよ。

タイトルトラといっしょに
出版社徳間書店
作者名ダイアン・ホフマイアー・文 ジェシー・ホジスン・絵    さくまゆみこ・訳
コメントトムがおおきなトラのえをかきました。そのよる、かべのむこうからトラがやってきて「さんぽにいこうよ。」といい、トムをせなかにのせて、あるきだし…。

タイトルトラのじゅうたんになりたかったトラ
出版社岩波書店
作者名ジェラルド・ローズ・文・絵 ふしみみさを・訳
コメントインドのジャングルにやせたトラがすんでいました。王さまがかぞくとなかよくごはんをたべているのを見て、なかまにいれてほしくなったトラは…。

タイトルちびくろ・さんぼ
出版社瑞雲舎
作者名ヘレン・バンナーマン・文 フランク・ドビアス・絵   光吉夏弥・訳
コメントちびくろ・さんぼが、ジャングルへさんぽにいくと「おまえをたべちゃうぞ。」と、トラがでてきました。そこでさんぼは、どうしたらたべられずにすむかかんがえます。

タイトルウェン王子とトラ
出版社徳間書店
作者名チェン・ジャンホン・作・絵 平岡敦・訳
コメントむかし、にんげんに子どもをころされたトラが、村をおそっていました。こまった王さまはウェン王子を、トラにさしだしました。トラは、王子にとびかかろうとします。

タイトルとらとほしがき 韓国のむかしばなし
出版社光村教育図書
作者名パク・ジェヒョン・再話・絵 おおたけきよみ・訳
コメントトラが牛をねらってにわにしのびこみました。いえの中では、おかあさんが子どもをあやしています。「トラがくる。」と、いってもなきやみません。ところが…。

10:00
2021/12/01

12月「ぽっかぽか」

| by 郡上市図書館

タイトルにんじん だいこん ごぼう 日本の昔話より
出版社福音館書店
作者名植垣歩子・再話・絵
コメントむかしむかし、にんじんとだいこんとごぼうのからだはまっしろでした。ある日、みんなでどろんこあそびをして、からだじゅうどろだらけになったので、おふろにはいることに…。

タイトルちょろりんのすてきなセーター
出版社福音館書店
作者名降矢なな・作・絵
コメントトカゲのちょろりんはふくやさんで、あたたかそうなセーターをみつけました。でもおこづかいがたりないので、おじいさんのしごとのてつだいをすることにしました。

タイトルおしゃべりな毛糸玉
出版社文研出版
作者名沢田俊子・作 小泉るみ子・絵
コメントさむがりのおばあさんは、のこりけいとをつないで、あみものをはじめました。つなぎ目がきて、けいとがかわるたびに、いろんなことがおもいだされます。

タイトルおおさむこさむ
出版社福音館書店
作者名こいでやすこ・作
コメントキツネのきっことイタチのちいとにいは、あばあちゃんにつくってもらったあたたかいマントをきて、そりあそびにいきました。するとゆきだるまたちがあらわれて…。

タイトルふとんやまトンネル
出版社童心社
作者名那須正幹・作 長野ヒデ子・絵
コメントケンちゃんはふとんにもぐるのが大すき。もぐっていくと、ふとん山トンネルのでぐちは、ひろいのはら。ユミちゃんも、ふとん山トンネルをもぐってやってきましたよ。

タイトルてぶくろ ウクライナ民話
出版社福音館書店
作者名エウゲーニー・M・ラチョフ・絵 うちだりさこ・訳
コメントおじいさんがおとした手ぶくろに、ネズミがやってきて中にとびこみました。つぎに「わたしもいれて」とカエル。ウサギやキツネたちもやってきて…。

08:00
12345